ガールズバーにはまってしまう理由とは?

ガールズバーの魅力とは?その人気の秘密を紹介します! - ガールズバーあるある

ガールズバーあるある

ガールズバーをいくつか観察していると、様々なことに気付くものです。
本当にガールズバーなのか。逆にキャバクラなどとの違いもわかってきます。
そこでガールズバーにありがちなこと、あるあるについて集めてみましょう。

安心編

安全なガールズバーを探す際に役立つ「あるある」を集めてみましょう。
・女性のお客様も頻繁に来ている。さくらではないはず。
・一見さんでも明るく迎えてくれる。明るいのが一番です。
・カウンター席だけでボックス席がない。特別なサービスができませんね。
・料金が明確に示されている。お互いに安心できます。
・女性バーテンダーがお酒を作ってくれる。当たり前ではあります。
・バーテンダーがお客様側に来ない。お酌をしない。健全な証拠です。
・意外と真面目な娘が多い。風俗は怖いけど、お金が欲しい学生さんなどが集まります。
・泥酔客がいない。料金システムがしっかりしているからです。

危険編

危険なガールズバーを避ける際に役立つ「あるある」を集めてみましょう。
・バーなのに、ビラ配りやキャッチをしている。店に入ると豹変するかも。
・バーテンダーのはずなのに、お酒をおごってもらおうとする。ノルマがあるようです。
・カウンターを越えた接客をすることもある。理由は何でも付けられます。
・カクテルなどは専門の男性バーテンダーが作っている。女性はほぼ接待要員です。
・明らかに18歳未満と思える娘がいる。お客も捕まる危険があります。
・露出度の高い制服を着ている。アフターサービスもありそうです。
・女性スタッフが頻繁に入れ替わっている。直ぐ止めてしまうのは、問題がある証拠。
・店員同士が目配せをしたり暗号的な会話をしている。お客様を選別しています。
・女性スタッフに対する指名制度がある。お店の種類が違いますね。

一概には言えませんが

もちろん一概には言えません。
オリジナリティを出しているお店もあります。
とはいえ慣れていない人は、無茶をしない方が良いでしょう。
健全そうなお店で楽しんだ方が、心も懐も、そして身体も傷つきません。

関連する記事